保育園のヒヨコ経営者ブログ

こども達へより良い成長環境を提供ために、保育園の経営を考えて行きたいと思います。まだまだ、経験が浅いために必死に勉強していきます。その備忘録的な活用を想定しています。

AERAにのっていた給料の低い保育園ランキング

1月14日号の福祉新聞に、社会福祉法人の人件費率が増加し66.8%になったとの記事がありました。国が想定する人件費率が70%なので、まあこんな程度かなという印象です。

 

そこで、昨年に話題になっていた、保育士の給料が低い保育園ランキングを思い出しました。

 

この社会福祉法人の人件費率70%と比較すると、給料の低い保育園として挙げられていた日本保育サービス・サクセスアカデミーなどは30%前後なのでいかに人件費が低いかがわかると思います。

 

このような保育園に勤める保育士さんがいかに厳しい環境でやっているか、可哀想ですし、そういった保育園に子供を預ける親は注意しなければいけないです。

 

人件費が低いということは、

1.職員の質が低い可能性が高い

2.運営会社が職員を大切にしていないので、当然こどもを大切にしていない可能性が高い(利益至上主義)

3.保育士の配置も定められた基準を守っていない可能性も高い

 

簡単に補足すると

 

保育士市場は超売り手市場です。簡単に、ほぼどこにでも転職できます。 安い給料で優秀な人をとどめることは困難です。あっさりやめていきます。

また、短大・大学の先生方は、就活中の学生に対しては、こういった株式会社には入らないように指導する方が増えてきているようです。従って、社会福祉法人などに入れなかった人や意識の低い人が入る傾向が高いので、もともと職員のレベルが低い傾向にある。

でも、こういった人件費を安くする会社は、数年で辞めてもらえるのを良しとしています。なぜなら昇給させると人件費が圧迫するからです。だから、安く採用し、数年で辞めてもらい、また安い人を採用するというビジネスモデルになっていたりします。

それを踏まえると、とても保育士・保育の質が大切にされてるとは思えません。

また、人件費率が低すぎるので、どうみてもシフトが回せるとは思えません。基準を下回っている可能性が高いですね。

給料が低い、人員配置も不足してるという保育園にありがちなのが、職員による子供への虐待やそれに近い行為です。そうした保育園は、保護者を園に上がらせてくれないことが多いです。玄関までこどもを連れてきて受け渡しをしてくれることを好意的にとらえている方もいますが、その場合はかなり注意が必要な場合です。保護者が園のトイレを借りたいといっても拒絶されたり、受け渡し後にこどもがトイレに行きたいといったから連れて行こうとしたら断られたとしたら、それはなんらかのやましい行為を隠すために運営サイドがルール化している可能性があります。

保護者の方におかれましては、保育園の空きがなく、選ぶ余地がなくて苦しいとは思いますが、こどもの命を考えて、可能なかぎり慎重に検討されることをお願いします。

 

就活中の学生も、大手だからと安心しないで、しっかりと就職先の保育内容、労働環境を調べたうえで就職するようにしてほしいですね。あまりにも考えていない人が多すぎます。

 

dot.asahi.com

 

ちなみに、給料の低い保育園ランキングはこのようになっていました。

 

1.大井町のぞみ保育園(品川区)

大井町のぞみ保育園|保育の求人情報はテンプスタッフ・ウィッシュ

運営会社:デンプスタッフ・ウィッシュ株式会社

人件費率:17.3%(保育従事者)、59.9%(全体)

常勤職員平均給与:324万円

※人件費が少ないのも問題だが、そのうち保育従事者が占める割合が少なすぎるのも問題。おかしすぎる。

 

2.ポピンズナーサーリースクール市ヶ谷(新宿区)

ポピンズナーサリースクール市ヶ谷|保育・教育施設|ポピンズ

運営会社:株式会社ポピンズ

人件費率:17.8%(保育従事者)、36.2%(全体)

常勤職員平均給与:340万円

 

3.つきのみさきさくらさくほいくえん(中央区

さくらさくみらい|おうちのようなほいくえん

運営会社:株式会社さくらさくみらい(株式会社ブロッサムから社名変更)

人件費率:20.6%(保育従事者)、30.1%(全体)

 常勤職員平均給与:265万円

※この給料が低い保育園ランキングの報道の直後に社名変更。危機管理が徹底されているというか。。。

 

4.グローバルキッズ飯田橋園(千代田区

グローバルキッズ飯田橋園 | 施設紹介 | グローバルキッズ

運営会社:株式会社グローバルキッズ

人件費率:22.1%(保育従事者)、33.5%(全体)

常勤職員平均給与:資料無し

 

5.いしかわだいさくらさく保育園(大田区

さくらさくみらい|石川台

運営会社:株式会社さくらさくみらい(株式会社ブロッサムから社名変更?)

人件費率:22.7%(保育従事者)、34.0%(全体)

常勤職員平均給与:308万円

 

6.すこやか錦糸保育園(墨田区

会社概要 | すこやか錦糸保育園

運営会社:有限会社エーワン

人件費率:23.8%(保育従事者)、36.5%(全体)

常勤職員平均給与:329万円

 

7.えがおのもり保育園・おおもり駅前(大田区

えがおの森保育園・おおもり駅前 施設案内|千趣会チャイルドケア

運営会社:株式会社千趣会チャイルドケア

人件費率:24.0%(保育従事者)、29.4%(全体)

常勤職員平均給与:226万円

 

8.あい保育園水天宮(中央区

あい保育園水天宮 | 院内保育(病院内保育)・託児/企業内保育なら株式会社アイグラン

運営会社:株式会社アイグラン

人件費率:25.4%(保育従事者)、29.8%(全体)

常勤職員平均給与:267万円

 

9.ぽけっとランド西蒲田保育園(大田区

ぽけっとランド西蒲田保育園 | 大田区にある認可・認証保育園

運営会社:学校法人三幸学園

人件費率:25.5%(保育従事者)、42.1%(全体)

常勤職員平均給与:159万円

 

同9:マミーズエンジェル池上駅前保育園(大田区

施設のご紹介|池上駅前保育園|株式会社マミーズエンジェル * mammy's angel *

運営会社:株式会社マミーズエンジェル

人件費率:25.5%(保育従事者)、28.8%(全体)

常勤職員平均給与:248万円

 

11:エンゼルベア石神井保育園(練馬区

認可園 石神井園 (練馬区)

運営会社:株式会社ワコム

人件費率:26.1%(保育従事者)、57.0%(全体)

常勤職員平均給与:362万円

 

12:ぽけっとランド市ヶ谷保育園(新宿区)

ぽけっとランド市ヶ谷保育園 | 新宿区にある認可・認証保育園

運営会社:学校法人三幸学園

人件費率:26.8%(保育従事者)、41.2%(全体)

常勤職員平均給与:322万円

 

13:キッズガーデン品川上大崎(品川区)

キッズガーデン品川上大崎 | キッズガーデン -プレスクール一体型保育園・認可保育園

運営会社:株式会社Kids Smile Project

人件費率:27.2%(保育従事者)、30.9%(全体)

常勤職員平均給与:256万円

 

14:にじいろ保育園大泉学園練馬区

にじいろ保育園 大泉学園 | ライクアカデミー| 認可保育園・学童クラブ・児童館・事業所内保育施設の運営

運営会社:ライクアカデミー株式会社

人件費率:27.3%(保育従事者)、30.9%(全体)

常勤職員平均給与:345万円

 

15:アスクうのき保育園(大田区

アスクうのき保育園 | 株式会社日本保育サービス

運営会社:株式会社日本保育サービス

人件費率:27.7%(保育従事者)、32.3%(全体)

常勤職員平均給与:340万円

 

16:にじいろ保育園新桜台練馬区

にじいろ保育園 新桜台 | ライクアカデミー| 認可保育園・学童クラブ・児童館・事業所内保育施設の運営

運営会社:ライクアカデミー株式会社

人件費率:28.0%(保育従事者)、43.6%(全体)

常勤職員平均給与:293万円

 

17:アスク新宿南町保育園(新宿区)

アスク新宿南町保育園 | 株式会社日本保育サービス

運営会社:株式会社日本保育サービス

人件費率:28.5%(保育従事者)、32.5%(全体)

常勤職員平均給与:275万円

 

18:にじいろ保育園高田馬場東(新宿区)

にじいろ保育園 高田馬場東 | ライクアカデミー| 認可保育園・学童クラブ・児童館・事業所内保育施設の運営

運営会社:ライクアカデミー株式会社

人件費率:29.1%(保育従事者)、33.1%(全体)

常勤職員平均給与:275万円

 

19:アスク芝浦4丁目保育園(港区)

アスク芝浦4丁目保育園 | 株式会社日本保育サービス

運営会社:株式会社日本保育サービス

人件費率:29.3%(保育従事者)、36.3%(全体)

常勤職員平均給与:326万円

 

同19:にじいろ保育園自由が丘(目黒区)

にじいろ保育園 自由が丘 | ライクアカデミー| 認可保育園・学童クラブ・児童館・事業所内保育施設の運営

運営会社:ライクアカデミー株式会社

人件費率:29.3%(保育従事者)、44.9%(全体)

常勤職員平均給与:332万円

 

20:ぽけっとランド明石町保育園(中央区

ぽけっとランド明石町保育園 | 中央区にある認可・認証保育園

運営会社:学校法人三幸学園

人件費率:29.4%(保育従事者)、43.9%(全体)

常勤職員平均給与:284万円

 

 このランキングですが、なんで社会福祉法人は抜いたんですかね。もちろん、社会福祉法人でもめちゃくちゃやっているところはあります。

そういった法人も情報をオープンにすることによってダメ法人が淘汰され、よりよい子育て環境の整備につながれば良いなと思います。

 

そして、薄給で働かされてる保育士さん、転職活動しましょう。うちは、新卒でも340万円の年収がもらえます。

 

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

明るく、希望に満ちた一年となりますよう、お祈り申し上げます。

 

昨年は、日々の仕事に忙殺されて、自分のペースを見失っていました。

今年は、見通しをもって計画的に仕事を進めていきたいと思います。

また、プライベートでは以下のルーティーンをしっかり確立する目標を立てました。

 

1.毎日、6:00~6:45、22:30~23:30の勉強の時間を確保する。

 

2.週1回はジムに行き、体重は60キロまで絞る(マイナス3キロ)。

 

3.週に1冊は読書をする。

 

4.週に1日は仕事を完全にオフにして、家族との時間を大切にする。

 

5.ブログは週に1回は更新する。

 

それでは、今年も張り切ってまいりましょう。

よろしくお願いします。

就職先として株式会社の保育園を選ぶ保育士は考えなおせ

保育業界では死活問題となっている保育士不足の問題。

そこで、2019新卒採用戦線の真っ只中にいる就活生の参考になればと思い、どうやって就職先を決めるべきなのか考えてみました。

 

①そもそも保育が本当にやりたいことなのか見極める

他の業界に少しでも興味があるなら、インターンやOG訪問・企業説明会に参加するなど見に行ってみたほうがいいです。

やっぱり学生の段階では視野は狭いし、将来に迷いもあるのが普通でしょう。

実際に足を運び、自分で見て、話を聞いてみて、納得して業界を選んだほうがいいと思います。

 

②だいたいの勤務希望エリアを選ぶ

現在だと宿舎借上げ支援制度など、単身者の家賃補助はほぼ無性に近い価格で借りれるほど充実しています。

つまり、やりたい保育をやっている法人があれば全国どこにでも押し掛けることは可能です。

が、そうなると選択肢が多すぎるので、関東圏なのか地元なのかなどある程度はエリアを絞って法人を探し始めたほうがいいと思います。

 

③そのエリアの中から理念・保育方針に共感できそうな法人をピックアップ

次はインターネットで調べるなどして、自分がやりたい保育をできそうな園を選びます。

 

④実際に園に見に行く、体験してみる、話を聞いてみる

教育実習先として希望する、インターンシップに参加する、就職説明会に参加する、就職フェアに参加して話を聞いてくるなど。

重要なのは、実際に保育園の日常を見ることです。就活生にいいことばかりうそを言っている法人も多いので、長期間のインターンシップを希望するなどして、実際はどうなのかを見極めてほしいです。

 

⑤候補の中からどこにするか決める

ここまで来て、絶対ここがいいというのが決まっている人はそんなに多くありません。

結構悩むと思いますので、それが普通ですがどうやって決めたらいいのでしょうか。

 

1.保育理念が現場の保育で実際に実践されているか

2.就活中に出会った人はその法人のエースクラスです(園長・主任・イケてる若手)。自分がそうなりたいと思えたかどうか。

3.園の雰囲気が良いか、また自分に合っているか。(ギスギスしてたり、幼稚なノリの法人など見極める)

4.人材育成計画、サポートはどうなっているか。成長していく自分をイメージできたか。

5.労働条件が悪くないか

 

ぱっと思いついたことを列挙してみましたが、こんな感じで検討してみてはどうでしょうか。

ここで、最後の検討事項である労働条件では、厳しい労働に見合った給料が得られるのかがきになるところですね。

でも、この給与が高いか低いか、見定めるのは学生には無理です。

なぜなら、将来の給与テーブルがどうなっているかを開示する法人はないからです。

つまり、初任給は多少の差があっても、2年目、5年目、10年目でどのような昇給をしていくかは全く分からないからです。

特に株式会社は初任給を高めに設定しているところが多いので、給料が高いのではないかと誤解する学生さんもいると思うので注意してほしいと思っています(最初だけです)。

そもそも、株式会社の存在目的は「株主価値の最大化」。

つまり、会社の所有者である株主(オーナー)に配当という形で園からお金をどれだけ吸い上げられるか、それが重要なわけです。

さらに、そういった利益を追求する法人には、税金がかかってきます。

 

つまり、保育園の運営費から、オーナーへの分配金、税金の支払いをして、残ったお金で人件費をどうしようかという構造になっています(PL上では順番は違いますけど割愛)。

一方で、社会福祉法人が経営していると、オーナーへの分配金は禁止されていてできない、また利益を追求していないので税金も非課税となっています。

だから、法人形態の構造上、運営費から人件費に割り振れるお金は、圧倒的に社会福祉法人が有利となっています。

実際のデータでは、人件費は社会福祉法人が株式会社よりも、40%も多くなっています。

mainichi.jp

少し古い記事ですが、運営費を100だとすると、そのうち人件費に充てられるのは、株式会社は50%、社会福祉法人は70%となっています。

ちなみに、国の想定では、人件費は70%です。

 

では、株式会社で本来人件費に充てられる20%のお金はどこに行っているのか、それは保育士ではなく、株主(オーナー)になっているわけです。

したがって、株式会社の保育園に就職するという選択肢は最初から除外したほうがいいです。

ちなみに、離職率は株式会社が社会福祉法人の約2倍となっています。株式会社では薄給・激務となり易いために、離職率も高くなっています。

初任給が高いというエサにつられて就職した者の、給料が全然上がっていかないという現実に直面するでしょう。

また、株式会社の保育園にこどもを預けるということは、そういった厳しい環境、人の入れ替わりが多い環境に大切な子供をゆだねるということです。保護者にも見定めることが求められます。

ただし、これは構造的な問題であってあくまで一般論。株式会社でもしっかりしているところもあるので、見定められるチカラのある学生さんは株式会社でも検討してみてもいいと思います。

給料が安くても、どうしてもやりたい保育が株式会社の園でしかやっていないのなら、それはそれで選択肢としてはありではないでしょうか。

養成校の学生さんたちが、素敵な就職先に出会い、立派な保育士に成長できることを願っています。

是非、一緒にこどもたちのより良い未来に貢献していきたいものですね。

 

2018年7月22日週の気になったニュース

今週末は台風が来そうですね。お家でゆっくり仕事をして時間を過ごそうかと思います。

みなさまも気象情報には注意を払いながら、充実した週末をお過ごしください。

 

今週も気になったニュースがありました。

 

①長野の自然保育に危機感

mainichi.jp

自然豊かな特色を生かせる保育の普及を進めようと、県は15年4月、屋外での活動時間や安全管理を基準に自然保育施設の認定制度「信州やまほいく認定制度」をスタート。認定を受けた施設は、県主催の研修会に参加できたり、県主催の移住セミナーで施設を紹介してもらったりでき、17年度からは一部の園が人件費助成を受けられるようになった。県はこれまで県内の幼稚園や保育園など152園を認定した。 

 自然保育は直感的に有用な気がしていて好きなのですが、科学的な根拠がないか調べてみましたら

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsoee/22/1/22_1_14/_pdf

 幼少期の多くの自然体験と成長後の
社会性に関連がみられた。とくに「ごっこ遊び・
基地つくり」、「草花遊び」、「ハイキング・登山」、
「キャンプ」は想像性、共感性、視点取得、社会
的スキルで有意な関係がみられた。

 っとのことです。自然の中で感性を刺激し、成長することができるんですね。

都会の園庭なない保育園に通わせられているこどもは本当にかわいそうです。

地方の保育園は積極的に自然に触れ合う機会を提供していきたいですね。

 

②男性保育士がまたも変態行為で逮捕される

jp.reuters.com

また、男性保育士にとっては迷惑な風評被害が広がりそうですね。

保護者の方も警戒するでしょうし、法人は男性保育士をますます雇用しにくい状況になってきています。

保育士不足が業界的には危機的状況になっていますが、そのような状況でもリスクを懸念して男性保育士は採用しない法人は多いですね。

 

③町田市の災害対応ガイドラインっていい動きね

www.yomiuri.co.jp

自然災害が各地で頻発する中、各園で災害時のマニュアルを見直している最中だと思います。

その中で、様々な専門家に意見を聞いたりする中で、なかなか何が正解かわかりにくい内容で、どの法人も悪戦苦闘しているようです。

こういった行政側からのサポートは本当にありがたいと思います。

内容参考にして、マニュアルに反映できることがないか検討してみたいと思います。

 

④学童指導員の所得が低すぎる問題

学童指導員の半数、年収150万円未満 | ニュース | オピ・リーナ(Opi-rina)

週5日以上勤務している指導員約4300人の46.2%が年収150万円未満。年収の低さが、指導員の人材確保に影響しているという見方もある。夫婦で指導員をしている男性の学童でも、パートの指導員を募集しているが、適任者が見つからなかったり、長続きしなかったりで、「人手は常に足りない」という。 

 学童保育をやっていますが、正規社員は採用できるような収支構造になっていないので、本当に人の確保と質の両立が難しいです。

最近の学童保育は、教育付き学童保育として、塾のように勉強を教える付加価値を上げて収益性を高める流れが強まっているように感じます。

 

 

2018年7月15日週の気になったニュース

①認可外保育所の4割が基準違反

www.asahi.com

っていうか、なんだこのフワッとした曖昧なニュースは。。。

とにかく認可外保育施設は危ないぞっていうイメージを植え付けるには持って来いなのかもしれないですけど。

それで、ものネタは厚生労働省ホームページにありますので、それをちゃんと見てみましょう。

そうすると内訳が細かく出ていますね。

指導監督基準に適合していない主な項目
 ○ベビーホテル
 1 乳幼児の健康診断の実施:241 か所
 2 職員の健康診断の実施:229 か所
 3 非常災害に対する具体的計画(消防計画)の策定・訓練の実施:224 か所
 4 施設及びサービスに関する内容の掲示:169 か所
 5 保育に従事する者の数:162 か所

 ○その他の認可外保育施設
 1 乳幼児の健康診断の実施:477 か所
 2 職員の健康診断の実施:461 か所
 3 非常災害に対する具体的計画(消防計画)の策定・訓練の実施:444 か所
 4 利用者に対する契約内容の書面による交付:328 か所
 5 安全確保への配慮:300 か所

 

全体の45%が基準を満たしていないのですが、ちなみに企業主導型保育所だと約70%が満たしておらず認可保育所だとどうだったか忘れました。

 

②処遇改善Ⅱの実施は約80%

www.asahi.com

あれ?少なくないでしょうか。

 

やらない理由は主に、職員に説明がつかない(不協和音が生じる)ってことでしょうけど、そこは経営者が頑張りましょうよ。

月4万円も処遇が改善されるって、すごいですよね。

 

③JPHD、沖縄に2か所の企業主導型保育所を設置

www.zaikei.co.jp

保育事業者が直営でやるパターンですね。

無認可だし、運営費は認可保育所よりももらえるし、自社の職員のこどもも優先的に預かれるし、企業主導型をやらない理由はないですよね。

 

④世田谷区の園庭不足に対する取り組み

www.nikkei.com

ここ最近はマンションの一室など土地不足のため園庭がない保育園が増えてきて、そういった場所のこどもはかわいそうだなと思っていましたが、世田谷区のこうした取り組みはいいですね!

世田谷区は保育政策が非常に洗練されているイメージです。ぜひ、他自治体をリードしていってほしいと思っています。

年度末・年度初めで右往左往していました。。。

気が付けば蝉のなく季節となりました。。。早い!

 

年度末・年度初めに忙殺されて、ブログ更新が滞ってしまいました。

 

またまた、反省、反省。

 

決算閉めて、数字が必要な助成金の報告書だして、今年度の処遇改善の申請書だして、

 

賞与支払って、現況報告書を提出して、、、気が付けば7月となっていました。

 

ようやく、ひと段落出来たので、沖縄でゆっくり休んできました。

 

お仕事しばらく休んじゃったけど、連休明けからまた頑張ろう。

 

ところで、2019年度の新卒採用も佳境に入ってきましたね。

 

今月は新卒採用の勝負の月なので、いい人材に出会えることを願って、

 

打てる手は全部尽くして、頑張っていきましょう。

 

中途採用は、年度中に来る人は、ほとんどがはずれですね。

 

年度採用でしっかりいい人材を確保し、辞めないように丁寧に育てていかななければ。

 

 それにしても、オリオンビールがおいしい季節になりました!!

 

f:id:f1honda:20180715140731j:plain

f:id:f1honda:20180715140858j:plain

f:id:f1honda:20180715141320j:plain

f:id:f1honda:20180715140801j:plainf:id:f1honda:20180715140754j:plain

2018年2月4日週の気になったニュース

①保育士を支えるのはやりがい!?

www.newsweekjapan.jp

社会学者アーリー・ホックシールドの言葉でいうと「感情労働」の仕事で、「顧客のためなら劣悪な労働条件も厭わない、不平を言うべきでない」という思いが生じ、「思いやり疲労」というバーンアウトも起きやすい。保育や介護の業界は、労働者の「やりがい感情」に支えられている面が強いが、その砂上の楼閣はいつ崩れてもおかしくない。

保育士さんの思いやりに支えられて、なんとか業界が持っているという状況ですね。

ただ、記事中にもある通り、そのような状況を継続すれば、保育士さんはバーンアウトしかねない。

早急に、対応策を打っていく必要がある。もっとも不満足なのは、処遇。これはコストカット、オペレーションの見直しなどにより、法人独自でも原資を捻出するべく努力が必要。

また、労働環境(休みの取りやすさ・職場の雰囲気や人間関係)なども大きな課題かと思います。

 

②ショッピングセンターに認可保育所開設

https://www.minpo.jp/news/detail/2018021049084

www.sankei.com

ショッピングセンター「ヨークタウン金屋」に認可保育所が開設される見通しとなった。関係者によると、ヨークベニマルが出店するショッピングセンター内への認可保育所設置は初めて。 

郡山市は2018(平成30)年度内の同ショッピングセンターへの保育所建設に向け、認可保育所運営事業者として宮城県の企業を採択した。

保育所の園児を送迎する保護者の買い物などの利便性が確保されるほか、センター内にある事業所の従業員の保育環境整備につながるとみられる。

保育事業者だけで、待機児童解消に向けて新園を開設するには限界があります。

また手ごろな用地は既になくなりつつあり、高額なイニシャル投資をしても今後の少子化を見据えるとだんだん回収が見通しにくくなってきている。

そういった場合には、このように別の企業と連携して初期投資はお任せし、運営を保育事業者が受託するというモデルも取り入れていく必要があります。

バランスシートを軽くすることで、大きなリスクは抑え、保育事業者は保育の運営に集中できる。

また、この事例のように商業地に立地してシナジー効果が期待できること、ある程度、ショッピングセンターや企業の総合的な収支計算のもとに保育運営ができることなとメリットかと思います。

 

③漂白剤入り水を児童が飲む

mainichi.jp

児童5人が誤って漂白剤入りの水を飲んだと発表した。

頭痛を訴えた1人を含む5人が病院に搬送されたが、異常はなかった。職員が麦茶を入れる容器を漂白しており、引き継ぎが行われていなかった。児童が「今日は水なの?」と尋ねたため職員が気付いた。 

とにかく、大事に至らなくてよかったです。

容器の洗浄のために漂白剤を入れたら、その場を離れるなら洗浄中の張り紙を張らないと。

基本的には引き継がないで、自分で処理したほうが良いですね。

 

④豊島区でいまさら紙おむつの回収を発表

www.kyobun.co.jp

紙オムツ回収は、原則として区内すべての認可保育施設に在園する園児の紙オムツが対象。区が処分することで、保護者の負担を減らし、衛生面と保育サービスを向上させる。

これって、今までは保護者が持って帰っていたということですよね、ありえないですね。

株式会社などでもたまに見られますけど、「お子さんの対象管理のために便を見てほしいので登園ではおむつは持つ帰りです」とかいっている園に限って、本音はその費用負担が大変だからというしょうもない理由です。

残念ながら衛生面よりも、お金を優先しているところが持ち帰りルールを適当にかこつけて実施しています。

今回は事業者や保護者ではなくて、区役所が丸々負担するという取り組みなのですね。うちでは事業者負担で、昔から園で処分しています。

 

⑤松戸手当てがすごい!

www.news24.jp

給与に上乗せするかたちで、毎月4万5000円から7万2000円を支給する松戸手当を始めた。支給額は勤務年数によって増加する仕組みだ。 

 首都圏だと、鉄道網が整備されているぶん、簡単に東京に吸い寄せられちゃいますからね。

神奈川も千葉も埼玉も、東京に奪われちゃうのをいかに食い止めるか、大変だと思います。